リビングで楽しむパソコンライフ
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP


にほんブログ村 PC家電ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーのセキュリティソフトを使ってみる。 

UMPCの最大の魅力は小ささと低価格です。
それなのにセキュリティソフトが高い。


売れ筋は年間で4,000~5,000円です。仮にUPMCを5年間使うとすると

4,000円 × 5年 = 20,000円 ⇔ U100 vogue 40,000円 なので

購入金額の半分をセキュリティ費用として徴収されてしまうわけです。

そこで考えるのがフリーのセキュリティソフト。

なんか安全性が確保されないようで怖いけれど、ものは試しで使っています。

10年前に購入したNECのバリュースターはAVGというソフトのフリー版を使っています。
このソフトは異常に軽く、メモリーが少ないPC、CPU性能が低いPCに最適です。
実際このバリュースターでは他のウィルスソフトは稼動しません。
avg.jpg
http://www.avgjapan.com/avgfree80-dl.html

そしてデスクトップとU100 vogueで利用しているのがキングソフトのフリーソフトです。
ファイヤーウォール機能までついているのにフリーです。ただひとつ欠点は時々広告が自動表示されます。でも10cm四方で×ボタンですぐ消えるし、私は気になりません。
kingsoft.jpg
http://www.kingsoft.jp/

まあ、心配なひとはやめておいたほうが良いですが今のところ不都合は何もありません。
comment(1) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP


にほんブログ村 PC家電ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

液晶大画面でyoutubeを見る  

32インチ液晶大画面でyoutube見ながらgoogle検索しています。

netbookとかUMPCとかミニノートと呼ばれているが最大の欠点は画面が小さいこと。表示できる情報量が少ないことだと思います。

しかし、プロジェクタなどで使うRGBケーブルとAVケーブルを購入するだけでこの問題を解決できます。秋葉原で3mのもので1,200円くらいで購入できます。
あとはケーブルの一端を液晶テレビに、もう一方をmsiのU100などのRGB(DS15pin)の口に接続します(左上がAVケーブル、右上がRGBケーブル)。U100_Vogue.jpg
それだけでもPC画面に表示されている情報を液晶テレビに表示させることができます。

しかし、1024×600のパソコンの画面を液晶テレビに表示させても真ん中にクシュッとした感じで潰されて表示されてしまいます。

そこでデスクトップ上で右クリックして画面の表示の設定を操作します。

本来ノートPCは標準で2画面制御機能を持っているので、第一画面の設定はそのままノートPCの内容を表示して第二画面の設定を液晶テレビにします。

そして液晶テレビの第二画面の設定を1024×768などに設定します。

このような状況をマルチディスプレイ制御と呼び、第一画面(PC)に表示された内容を第二画面(液晶テレビ)にドラッグすることができます。

この機能を利用することで第一画面(PC)ではネットサーフィンなどを行い、第二画面(液晶テレビ)では映画をみたりyoutubeを見たりすることができます。

映画を見ても画面の大きさのために臨場感に欠けるということがなくなります。

お金は大して掛かりませんし満足度は大きい使い方だと思います。

参考 マルチディスプレイはこんなに便利!ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0610/30/news040.html

ここまで読んでいただきありがとうございました。
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP


にほんブログ村 PC家電ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ワンセグチューナー(DH-KONE4G/U2DS)レビュー 

U100 vogueでワンセグチューナーを使う
少し前にワンセグチューナー(DH-KONE4G/U2DS)を購入しました。デスクトップで使っていたものですがU100で使うことで楽しさが広がりました。

バッファロー社の、USB接続のワンセグチューナー「ちょいテレ」シリーズで、4GBのフラッシュメモリーを内蔵しています。定価は価格は1万5700円で9000円くらいで購入しました。
dh-kone4g-u2ds_b_bw_300x.jpg

内蔵メモリーには約20時間のワンセグ放送が録画可能で、録画・視聴に必要なソフト「PCastTV for ワンセグ」のインストール用ファイルを収録しています。つまり本製品からソフトをパソコンにインストールできるようになっているのです。USB接続したパソコンのHDDに直接録画することもできるほか、HDDから内蔵メモリーへの録画が可能です。

ですからデスクトップパソコンで録画してミニノートU100で見ることができるのです。

U100で見られることで活用シーンが飛躍的にひろがりました。リビングルーム、喫茶店、移動中の電車の中などいつでもどこでも見られます。電波状態が悪くても録画したものならば関係ありません。実際合間の時間に見るので録画であれば続きから見られます。
タイマー録画を使えば毎日のニュースや英会話などの視聴が忘れることなくできます。
dh-kone4g-u2ds_gpcmini.jpg

でもマイナスポイントもあります。

まず、番組表のダウンロード中は視聴ができないこと。1分くらいだと思いますが待たされる時間は長いものです。

次に録画中に他の番組がみられないこと。受信機能が1ヶしかないので当たり前ですが通常のテレビとビデオのような感覚で買うとがっかりします。

同じような理由で録画中は裏番組が見られません。

これらを解決する方法としてワンセグチューナーを2本買うことをバッファローのページでは推奨しています。おいおい、っていう感じです。興味のある方は下記URLをクリックしてみてください。
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/dh-kone4g_u2ds/
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP


にほんブログ村 PC家電ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
« b a c k  | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。